P2マスクとは

P2マスクとは

オーストラリアとニュージーランドの医療機関などで利用される
防塵機能に優れた高機能マスクです。N95/FFP2/DS2と同等の性能を持っています。

P2マスクの概要

P2マスクとは、オーストラリアとニュージーランドのマスクに関する規格、AS/NZS 1716:2012のP2規格をクリアし、認可された防塵機能を備える高機能マスクです。

高リスクの環境において、空中の微粒子から着用者を保護する事を目的とし、オーストラリア、ニュージーランドでは医療をはじめとする、鉱業、建設業等の各産業分野でP2マスクは使用されています。

米国、日本等と同様、結核、SARS等の感染症に対する防御として医療従事者にも利用され、特に現在は新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックにより、その需要が高まっています。

今までP2マスクの輸入実績がなかった為、日本ではあまり知られていませんが、国際的にはアメリカ合衆国のN95、ヨーロッパのFFP2、日本のDS2規格マスクの同等品として認識されています。

これらの各国の規定に沿って製造された高機能マスクは、一般のマスクと区別する為、「マスク」ではなく「レスピレーター(Respirator)」になり「P2レスピレーター」、「N95レスピレーター」となりますが、一般的には「P2マスク」、「N95マスク」と呼ばれています。

P2マスクの概要

レスピレーターの規格区分と用途

オーストラリアのレスピレーター(呼吸器保護具)は、AS/NZS 1716:2012によって、P1、P2、またはP3に分類されています。

Pに続く番号の値が上がると、レスピレーターの微粒子ろ過効率が上がり、マスクが正しく装着されていれば、呼吸器の保護レベルが上がります。

製造業、建設業、鉱業など粉塵の多い所で使用されていたが、結核やSARS、そして新型コロナウィルスなどの感染症の防御に有用なことから、医療従事者の間でレスピレーターの利用が広がりました。

オーストラリアでは山火事で発生するPM2.5からの呼吸器防御にも有効な事から、P2マスクの需要は高くなっています。

 

区分微粒子ろ過効率主な用途
P180% 以上機械的プロセスによって生成された比較的大きな粒子(> 1ミクロン)。研削、切断、研磨、穴あけ、のこぎり等
P294% 以上機械的プロセスによって生成された比較的小さな粒子。研削、切断、研磨、穴あけ、のこぎり等。
サブミクロンの熱的に生成された粒子(溶接ヒューム、肥料、山火事の煙など)。
ウイルス、バクテリア、COVID-19、SARSなどの空中浮遊粒子
P399.95% 以上機械的プロセスによって生成された比較的小さな粒子。研削、切断、研磨、穴あけ、のこぎり等。
サブミクロンの熱的に生成された粒子(溶接ヒューム、肥料、山火事の煙など)。
ウイルス、バクテリア、COVID-19、SARSなどの空中浮遊粒子
有機リン系殺虫剤、放射性核種、アスベストなどの毒性の高い粒子

P3規格は、フルフェイス・レスピレーター、またはパワード・エアピュリファイング・レスピレーター(PAPR)と併用した場合にのみ達成できます。

レスピレーターの国際比較

多くの国・地域において、レスピレーター(呼吸器保護具)の規格が定められています。

オーストラリア、ニュージーランドのレスピレーター規格におけるP2マスクは、アメリカ合衆国のN95規格、ヨーロッパのFFP2規格、日本のD2規格と同等品と認知されています。

オーストラリアではP2マスクの需要がひっ迫した場合は、N95、FFP2、KN95がP2マスクの代用品として使用が認められています。

(オーストラリア安全衛生研究所等の専門機関では、医療機関におけるP2マスクの代用としてKN95マスクの使用を推奨していません)

防塵マスクの国際比較

 

規格P2N95FFP2D2KN95
国・地域オーストラリアアメリカ合衆国ヨーロッパ日本中国
微粒子ろ過効率94% 以上95% 以上94% 以上95% 以上95% 以上
漏れ率8% 以下規定なし8% 以下規定なし8% 以下
CO2除去1% 以下規定なし1% 以下1% 以下1% 以下

P2マスクの輸出規制

世界的な新型コロナウィルスのパンデミックの影響で、治療・対応にあたるオーストラリアの医療をはじめとする関係機関での需要の急増、及びマスク生産国での自国優先供給の影響を受け、オーストラリアでも一時在庫不足に陥り医療用の高機能マスクの輸出が政府による許可制となりました。

現在もオーストラリアからの医療用高機能マスクの輸出規制は続いていますが、オーストラリアでは国内の新型コロナウィルスの感染状況が落ち着いていることもあり、AMD P2レスピレーターの製造者であるアドバンス・メディカル・ディバイス社にて、オーストラリア政府よりAMD P2レスピレーターの輸出許可を取得、当製品の日本への輸入を行っています。

 

P2マスクの輸出